スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・マッキャンドレス インタビュー Part2:日本語訳by 小倉悠加氏。

ポール・マッキャンドレス インタビューの日本語訳採録、Part2。



  翻訳は前編と同じ、音楽ジャーナリストの小倉悠加さんです。

  それでは、2010年1月にポール・マッキャンドレス氏の自宅で行なわれたインタビューの後編をどうぞ。 (聞き手:古佐小基史)

**********************************

《2》ポール・マッキャンドレス、古佐小基史に語る。

       paul_mccandless350.jpg 

P.M. 君の音楽はいいね。親近感が持てる。私たちはまるで同じ言葉を話しているようだ。音楽でね、音楽の会話ということ。 

 君の書く音楽は作品によって持ち味が異なり、ファンキーなものから、ブルース、そして時には何かを求めているような、神秘的な、日本的な音階のものまで。

 ハープで君が演奏している音楽は尋常ではないほど幅広い上、君が奏でる会話はメロディックで、とても「歌える」ものが多い。

 曲を作る、即興するということでハープとやったのはこれが初めてだけど、とても上手くいっていると思う。 
 
 オーボエ、イングリッシュホーン、ソプラノサックス、ベースクラリネットのそれぞれが、ハープと親和性があり、素晴らしい組み合わせだし、新境地も見いだせる。

 新しいメロディをクリエイトする際、何か新しいものを初めて聞こうと努力する。そこには、詩的なビートがあり、意味を持ち得る韻を組み合わせながら、メロディックな即興で物語を語ろうとする。
 そんな風に私たちはやってるんだ。特にヨーロッパのジャズの影響はそんな感じで、ECMレーベルのミュージシャンの多くは、今までに演奏したことのないフレッシュなもの、新しいものを演奏しようと心がけている。
 新しいものはゆっくりとしたペースでしか生まれてこない。というのも、その瞬間毎に発見していかなくてはならないからね。メロディックなフレーバーで。本当の意味での即興だ。次に何が起こるかが全く分からないのは、とてもエキサイティング。自分が以前やったことのない方法での音楽だ。 

 即興のエッセンスを保ちつつ、毎回新しいものを生み出そうとする。そしてそれは音楽の表現として、私たちがどれほど楽器を上手く演奏できるかという技術を見せるのではなく、物語を語り、詩を読むことだ。ソロを生かしながら、それをまた別の境地へと導いてゆく・・・
 
それは私のアプローチでもある。私が音楽をクリエイトする方法にとても似ている。

 君もその才能を持ってる。

 同世代のミュージシャンともよく演奏するけど、そういった音楽を聴いて注目してくれた若いミュージシャン、それも、独自の演奏ができるミュージシャンとやるのは楽しい。

 私たちの音楽は、特定のジャンルに興味を持っている人達だけでなく、もっと一般の人にも幅広くアピールする可能性がある。

(古佐小:本当にはジャズを聴いたことのないような人たちのことですか?)

P.M:コンサートに来てくれた人は、私たちの音楽をとても気にいってくれるからね。ほとんどの人が。
 
客席に座っている観客からとてもいい反応を感じる。「これはすごい!この音楽は、なんだか分からないけど本当にいい!」みたいな感じでね。
 
たとえ本人の意志でそこにきたのではなくても、「来てよかった!」と感じてくれるようだ(笑)。
                   Paul McCandless.  

                          (翻訳:小倉悠加)
**********************************
ポチッと押して応援してね↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村     


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ポール・マッキャンドレス インタビュー:日本語訳by 小倉悠加氏。

☆ポール・マッキャンドレス×古佐小基史リハーサル映像初公開!


 の記事でご紹介したリハーサル映像の中に、古佐小基史がポール・マッキャンドレスに行なったインタビューが収録されています。

 you tube映像には、古佐小基史本人による字幕がついていますが、映像を見ながらだとサッと流れてしまってもったいないので、ここに日本語訳を改めて掲載してみます。

 今回は特別にこの翻訳を、カーペンターズの全アルバムの解説・対訳や、ボン・ジョビ、スティング等の解説書、アート・ガーファンクル詩集の翻訳などでも大変有名な音楽ジャーナリストの小倉悠加さんにお願いしました。

                            yuka.jpg
                         (小倉悠加さん)

   小倉悠加さんのオフィシャルサイト“アイスランドブログ”は、
☆こちら☆

 それでは、2010年1月にポール・マッキャンドレス氏の自宅で行なわれたインタビューを前編・後編に分けてお届けします。

********************************

《1》ポール・マッキャンドレス、古佐小基史に語る。


paul_mccandless350.jpg

P.M.: 私はこれまでに世界を旅して、あちこちを観てまわりながらレコーディングをして、君のようにエキサイティングな若い演奏家とも演奏してきた。

私はオーボエやイングリッシュホーンなど少しばかり風変わりな楽器を専門としていて、それをジャズの即興などでクリエイティブに使う機会にも恵まれた。

そういう点で君と私は多くの共通点がある。というのも、オーボエもイングリッシュホーンも、普通はジャズ楽器だと思われていない。でも、素晴らしい音が出るから、音楽の種類によっては、他のどの楽器よりもしっくりと響く。

ハープ即興演奏者の君も、同じような感じだと思う。

ハープもジャズ楽器だとは思われてないけど、君はハープそのものからわき出るような音楽をクリエイトする方法が分かっているようだ。ハープ本来の持ち味を生かして。ハープ自身の中に宿る音楽というか・・・とてもいい響きの音を出す。

そしてふたりの要素を組み合わせると、素晴らしい音楽になる。素晴らしいつながりが持てる。

 君とのやりとりは楽しかった。伴奏者としても優れた即興演奏家だからね。だってソロをきちんと聴いてくれるだろう。みんなそうしてくれるとは限らないんだから(笑)。
  だから、本当にふたりで曲を作っているという感覚がある。曲が徐々に静まっていくのを互いに感じ取り、優雅にその部分を終わらせることができる。
 または、エネルギーを高めて、音楽に旅をさせ、音楽と共に我々も旅をする。
                        (翻訳:小倉悠加)
********************************
気にいったらポチッと押してね↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村     

ポール・マキャンドレス氏のご紹介。


2010年、古佐小基史の音楽性に共感して、古佐小基史と音楽製作を開始するポール・マキャンドレス氏のプロフィールをご紹介します。 (上の写真の左側に写っている人が、ポールですよ☆)

********************************************

ポール・マキャンドレス (Paul McCandless)

1947年生まれ。ペンシルバニア州インディアナ出身。
祖父は音楽家、両親ともに音楽教師という音楽一家に生まれ育ち、物心ついた時には音楽家を志していた。
 クラシック音楽家としての教育を受け、複数の楽器の演奏技術をマスターする中で、特に、オーボエ、イングリッシュホルン、ベースクラリネット、ソプラノサックスの演奏を専門とする。1971年には、ニューヨークフィルハーモニックオーケストラのイングリッシュホルンの選考会において、最終選考の3名にも選ばれている。

 1967年にポール・ウィンターが結成し、ワールドミュージックの先駆けとなった「ポール・ウィンター・コンソート」に参加、そのメンバーだったラルフ・ターナー(g)、グレン・ムーア(b)、コリン・ウォルコット(perc)とともに独立して、1970年「オレゴン」を結成。以来40年に渡って、ジャズ、クラシック、民族音楽などを自由に取り入れた、自然と調和する独特の音楽世界を構築しつつ、第一線で活躍を続けている。
 
 ジャコ・パストリアス、カーラ・ブレイ、ウィントン・マルサリス、パット・メセニー、ライル・メイズ、スティーブ・ライヒ、アル・ジャローなどの一流ミュージシャンとの共演、アルバム共作も多く、参加レコード数は、200枚を超える。

 1996年、最優秀ポップ器楽奏者としてグラミー賞を受賞。
 作曲家としても、映画音楽、映像音楽などを手がけ、彼のオーケストラ作品は、オレゴンと、モスクワ・チャイコフスキー交響楽団の共演によって製作された「オレゴン・イン・モスクワ」に3曲収録され、その中の「ラウンド・ロビン」は2001年、最優秀器楽曲と最優秀器楽アレンジメントの2部門でグラミー賞にノミネートされる。


  (上記、記事中に、もし間違いがあったら教えてくださいね。☆ M23)


ポール・マキャンドレスが参加しているオレゴンのCDのページは、☆こちら☆から。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

☆M23☆ 

Author:☆M23☆ 
 ジャズハーピスト古佐小基史とオレゴンのリード奏者ポール・マキャンドレスの来日コンサートを開催します。

☆2010年10月1日(金)
 18:30開場 19:00開演
☆音楽の友ホール (東京メトロ東西線 神楽坂駅)

           

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。