スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・マッキャンドレス インタビュー Part2:日本語訳by 小倉悠加氏。

ポール・マッキャンドレス インタビューの日本語訳採録、Part2。



  翻訳は前編と同じ、音楽ジャーナリストの小倉悠加さんです。

  それでは、2010年1月にポール・マッキャンドレス氏の自宅で行なわれたインタビューの後編をどうぞ。 (聞き手:古佐小基史)

**********************************

《2》ポール・マッキャンドレス、古佐小基史に語る。

       paul_mccandless350.jpg 

P.M. 君の音楽はいいね。親近感が持てる。私たちはまるで同じ言葉を話しているようだ。音楽でね、音楽の会話ということ。 

 君の書く音楽は作品によって持ち味が異なり、ファンキーなものから、ブルース、そして時には何かを求めているような、神秘的な、日本的な音階のものまで。

 ハープで君が演奏している音楽は尋常ではないほど幅広い上、君が奏でる会話はメロディックで、とても「歌える」ものが多い。

 曲を作る、即興するということでハープとやったのはこれが初めてだけど、とても上手くいっていると思う。 
 
 オーボエ、イングリッシュホーン、ソプラノサックス、ベースクラリネットのそれぞれが、ハープと親和性があり、素晴らしい組み合わせだし、新境地も見いだせる。

 新しいメロディをクリエイトする際、何か新しいものを初めて聞こうと努力する。そこには、詩的なビートがあり、意味を持ち得る韻を組み合わせながら、メロディックな即興で物語を語ろうとする。
 そんな風に私たちはやってるんだ。特にヨーロッパのジャズの影響はそんな感じで、ECMレーベルのミュージシャンの多くは、今までに演奏したことのないフレッシュなもの、新しいものを演奏しようと心がけている。
 新しいものはゆっくりとしたペースでしか生まれてこない。というのも、その瞬間毎に発見していかなくてはならないからね。メロディックなフレーバーで。本当の意味での即興だ。次に何が起こるかが全く分からないのは、とてもエキサイティング。自分が以前やったことのない方法での音楽だ。 

 即興のエッセンスを保ちつつ、毎回新しいものを生み出そうとする。そしてそれは音楽の表現として、私たちがどれほど楽器を上手く演奏できるかという技術を見せるのではなく、物語を語り、詩を読むことだ。ソロを生かしながら、それをまた別の境地へと導いてゆく・・・
 
それは私のアプローチでもある。私が音楽をクリエイトする方法にとても似ている。

 君もその才能を持ってる。

 同世代のミュージシャンともよく演奏するけど、そういった音楽を聴いて注目してくれた若いミュージシャン、それも、独自の演奏ができるミュージシャンとやるのは楽しい。

 私たちの音楽は、特定のジャンルに興味を持っている人達だけでなく、もっと一般の人にも幅広くアピールする可能性がある。

(古佐小:本当にはジャズを聴いたことのないような人たちのことですか?)

P.M:コンサートに来てくれた人は、私たちの音楽をとても気にいってくれるからね。ほとんどの人が。
 
客席に座っている観客からとてもいい反応を感じる。「これはすごい!この音楽は、なんだか分からないけど本当にいい!」みたいな感じでね。
 
たとえ本人の意志でそこにきたのではなくても、「来てよかった!」と感じてくれるようだ(笑)。
                   Paul McCandless.  

                          (翻訳:小倉悠加)
**********************************
ポチッと押して応援してね↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村     


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメント

Secret

プロフィール

☆M23☆ 

Author:☆M23☆ 
 ジャズハーピスト古佐小基史とオレゴンのリード奏者ポール・マキャンドレスの来日コンサートを開催します。

☆2010年10月1日(金)
 18:30開場 19:00開演
☆音楽の友ホール (東京メトロ東西線 神楽坂駅)

           

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。